イチケイのカラス

「イチケイのカラス」第2話感想と考察!母は強い!ドラマで伝えたい事は?

イチケイのカラス第2話裁判通してドラマで伝えたいことを考察

2021年4月12日フジテレビ系列「イチケイのカラス」第2話が放送されましたね!

第2話では、「幼児虐待という現代社会の問題」に切り込んだ内容が話題になりました。

「母は強かった」という視点で、このドラマの本題である主張を表した物語になっていましたね。

そして、考察をしながら思った事は「やっぱりイチケイのカラスは面白い!」という事。ぜひ参考にしてより、ドラマ楽しんでください。

※イチケイのカラス見逃し配信はこちらから→無料見逃し配信

イチケイのカラス第2話あらすじ

【イチケイのカラス第2話あらすじ】
坂間(黒木華さん)は、最高裁判所判事で、司法研修所時代の上席教官でもある日高(草刈民代さん)から呼び出され、あるパーティーに出席する。

そこで坂間は、最高裁事務総局の事務総長・香田健一郎を紹介される。健一郎は、坂間が東京地裁第3支部の立て直しを任されていることを承知しており、人事局でもみちおの存在が問題視されつつあることを彼女に告げる。

それを受けて日高は、みちおの問題行動に対して処分が必要だと判断した場合は人事局にあげてほしい、と坂間に指示する。そんな折、イチケイの部長・駒沢(小日向文世さん)は、合議制で扱いたい案件があるとみちおたちに告げる。それは、1審で有罪判決が下された、人気料理研究家・深瀬瑤子(前田敦子さん)による幼児虐待事件だった。

瑤子は、当時1歳半の長女が泣き止まないことに苛立ち、激しく揺さぶるなどしてケガを負わせたことにより、傷害罪で2年6ヵ月の有罪判決を受けていた。だが瑤子は判決を不服として控訴。それを受けて高裁は、審理内容を精査し、地裁に差し戻したのだ。しかし、実はこの案件、第1審の裁判長を健一郎の息子・隆久が務めた“取り扱い要注意”案件で……。

イチケイのカラス第2話考察

一人の母親の子を想う戦い

今回被告となったの人気料理研究家の深瀬瑤子を演じた前田敦子さんは、役を演じるにあたって「とても心が苦しくなる役どころでしたので、やらせていただくべきかすごく迷いました」と言っていました。

それほど、演じる側にとっても「幼児虐待」というのは重いものであり、だからこそ度々ニュースで同じような話題が上がると多くの人が心が痛んでしまいます。

そして、今回の第2話ではドラマ内でも現実世界同様激しいバッシングを受ける中一人耐え抜きわが子に会うそんな「母親の強くたくましい姿」が描かれています。

母親の虐待はなかった

※考察に当たって、必要な情報として結論をネタバレします。

今回の裁判で、第1審を控訴することで「虐待の真実」はなく、無罪判決が最終的にくだされます。

その背景にあったのは、第1審で判決を下した裁判官香田隆久の存在そして、意図せず鬼女と呼ばれた深瀬瑤子の世間からのイメージがありました。

第1審で裁判官を務めた香田隆久は最高判事事務総局長の香田健一郎の息子で、いわばキャリアを約束されたエリートです。

そのため、第1審の判決が間違いだと知りつつ、証人尋問に上がり乳幼児揺さぶり症候群(SBS)とうい診断をした医師足立克己の嘘の供述を行わせます。

しかし、最終的にはみちおと千鶴をはじめとするイチケイメンバーと検察の働きで、真実を話し深瀬瑤子の無実が証明され1年半会う事が出来なかった娘との再会を果たすのでした。

子を想い耐え抜いた母親

世間からもそして自分の夫、その義母、裁判官、医師からも濡れ衣を着せられてもなお、わが子を想い無実を訴え続ける前田敦子さん演じる深瀬瑤子の姿は見ている人の心を打つものがありました。

やっていない事をやったと言われる憤りを抑えたのは「子供を守るため」そして「母親としての誇り」のための戦いだったという事が視聴者に痛いほど伝わっていましたね。

この誇りを守り耐え抜く母親と対峙する裁判官の姿こそまさに「イチケイのカラス」というドラマで伝えたい事だと思います。

真実を知るためにはどうするのか

イチケイのカラス第2話で印象的だったのは、深瀬瑤子が第2審の冒頭で「無罪」を訴えた時に「にやり」とした入間みちお(竹野内豊さん)の姿です。

筆者も坂間千鶴(黒木華さん)同様、調べがいのある面白い裁判が出てきたという事にみちおの心は弾んだのかな?とその時は思いました。

しかし、途中の駒沢部長の一言でそれが間違いだったと気づきます。

「被告人が無罪を主張すれば、より注意を払い冤罪を防ぐ事が出来ますからね」

この、言葉にハッとさせられた人は多いはずです。

このドラマは「人を裁くという重いテーマを扱っている」のだと。

冤罪を防ぐ事とは、真実を知るという事です。真実を知るためにはそれを見つけるためのきっかけが必要です。

そのきっかけを被告がくれたことにみちおは嬉しくなったのです。

裁判官も被告に裁かれている

そして、もう一つ印象的だった言葉が次の言葉です。

「真実を知っている被告人に判決を言い渡さなければならない。僕たちは被告を裁いているように見えて僕たちも裁かれている」

これは、「裁判官」という仕事の面白さそして残酷さを大いに表している言葉だと筆者は感じました。

ドラマ内では今回の裁判を「キャリア」や「保身」のために判決を下すべきだという空気がある中で行われています。

しかし、みちおはそんなことは意図ともせず真実を元に判決をするために奮闘します。

その背景には、この言葉が隠れているのです。

「僕たちも裁かれている」

きっと、「無罪の人間」を誤って裁いてしまえば、苦しむことになるのは「裁判官」つまり間違えを犯して裁かれるのは「裁判官」も同じだと。

みちおはそう伝えたかったのです。実際は、冤罪が表沙汰になり一度下された判決がひっくり返る事はありません。

しかし、苦しみ続けるのです。裁判官は間違えた判決をし最終判決がでればその間違いを正すことができない。

だからこそ、少しでも自信を持てなければ調べ上げるしかないんだと。

そんな、みちおのプロフェッショナルを感じざる終えない裁判が第2話では私たちにメッセージとして伝えられました。

そして、これこそがこのドラマのテーマでもある「人を裁くとはどういうことか」というのを表しいるのだと思います。

私たちも日々の生活の中で、SNSなどで知らず知らずのうちに人を裁いてしまっていることがあります。

「法廷」という舞台でなくても、同じことが起こっています。

まずは自分の手の届く範囲からでも注意して行わなくてはいけない。そうでなければ、自分自身が裁かれる。

そうやって考えれば、明日からの生き方も少しだけ変わってきます。

イチケイのカラス月曜日から本当に面白いものを見せてくれますね。

イチケイのカラス第2話無料視聴方法

ドラマイチケイのカラスはFODプレミアムで見逃し配信を行っています!

ドラマ放送後すぐにその日の、見逃し配信を確認可能で、2週間の無料トライアルもありますので、気になる方は是非確認ください。

※下のボタンから「イチケイのカラス」をFODプレミアムで無料視聴する方法を確認できます!

Amazonプライムデー開催