コントが始まる

「コントが始まる」マクベスの解散理由は何?結成10年の彼らからドラマを考察!

コントが始まる。マクベスの解散理由を紹介!結成10年の彼らからドラマを考察

2021年4月17日日本テレビ系列「コントが始まる」ついに第1話が放送されましたね。

菅田将暉さん、仲野太賀さん、神木隆之介さん、有村架純さん、古川琴音さんと時代の銭湯を走る5人が出演しているだけあって予想以上に期待できる始まりです。

今回は第1話でいきなり解散の危機にさらされている売れないお笑い芸人「マクベス」の解散理由について考察していきます。

三人がマクベスを結成するときにしたある約束が大きく関係しているのです。

※コントが始まる見逃し配信はこちらから→見逃し配信無料視聴法

解散理由は10年前の約束のせい?

売れないお笑い芸人「マクベス」は高岩春斗(菅田将暉さん)、美濃輪潤平(仲野太賀さん)、朝吹瞬太(神木隆之介さん)の三人からなります。

実はこの三人は、緑東高校の同級生です。

20代後半で丁度、マクベスは結成10年という節目を迎えている。それがドラマ内での彼らです。

10年というのが一つのキーポイントになっています。

※ここから先はネタバレを含みます。

始まりは文化祭の春斗と潤平

「マクベス」結成のスタートは、緑東高校の文化祭です。

高校の同級生だった、春斗と潤平は文化祭でコントを披露しそのことがきっかけで本気で「コントの道」を歩むことになります。

その頃、あまり目立つほうではなかった瞬太も同じ文化祭で見せたぶっとんだ演技が話題となり「コントの道」へのきっかけを作るのです。

3人にとって大切なメイクシラーズ

「マクベス」の結成と10年後の約束

高校卒業後、春斗と潤平は「コントの道」を進み芸人へ、瞬太はプロゲーマーへの道を歩み始めます。※瞬太は「ぷよぷよで高校日本一になっている」

先にマクベスとして活動していた春斗と潤平の前に、突然プロゲーマーを辞めて現れた潤平が加わり3人のマクベスが結成されます。

そして、その結成時、青春のど真ん中10代の頃にした約束が、「天下を取る事、10年やっても売れなかったきっぱり辞める」という事でした。

「コントが始まる」公式を無料視聴しよう

10年後の現実に解散を決める

本気で楽しく純粋に夢を追いかけ始めた3人ですが、10年後の現実は「売れないお笑い芸人」というものだけ。

10年前の約束を、3人とも覚えている。そして、それぞれが積み上げてきた10年の中に「コント」以外にも大切な事が出来てきた、それらが「マクベス」の解散の理由となっていきます。

中浜里穂子の壮絶な過去とは?

きっぱりはいかない「辞める」約束

10年前「きっぱり辞める」と約束した「マクベス」の3人ですが、そうきっぱりいきません。

そこで生まれる葛藤こそが、このドラマの見どころであり醍醐味であり「人の心を抉る」部分と思います。

※ここから先は考察になります。

コントが始まる名言集

結婚と両親とマクベスの間で揺れる潤平

このドラマで一番、共感を得るキャラクターは仲野太賀さん演じる「美濃輪潤平」なのではないでしょうか。

潤平は高校時代の学校一の美女をみんなに止められながらも魂の告白で射止め、マクベスが解散する20代後半まで10年間寄り添っています。

そして、実家の酒屋を営む両親とも「10年」という区切りの約束で「コントの道」へと進みました。

その10年が、彼にとってマクベスの継続という道の大きな壁となるのです。

メイクシラーズ3姉妹が面白い!

どこかで区切りをつけなければいけない

ドラマの中で特に印象的だったのが、部屋で3人でご飯を食べている時の春斗と潤平の喧嘩のシーン。

解散の話の雰囲気が出たときに、「どこかで踏ん切りつけなきゃいけねぇだろ!」と熱くなる潤平に対し春斗が「解散したいんじゃん」と小馬鹿にしたような言い方をし、「そうはいってねぇだろ」と返す潤平。

「認めろよっ!!」と切れてはしを投げつける春斗。

このシーンは潤平のどうしようもない気持ちを、信頼できる仲間にだからこそ出せる「焦燥と怒り」として表しています。

「コントが始まる」あの名言を紹介!

誰にだって選択を迫られる事は訪れる

潤平のおかれた状況は「芸人」という夢と、結婚と実家稼業を継ぐ迫られる期限という分かりやすい図式で描かれています。

しかし、この人生の過ぎ去った時間から何かとの板挟みになってしまうような事は多くの人に訪れるのではないでしょうか。

そして、それは誰にとっても分かりやすいものではないため「人に話していない」という人が多いはず。

いや、「話せずにひっそりとその夢を忘れたように生きる選択をした」そんな大人が沢山います。

いつでも「選択」出来たはずなのに、いつの間にか「大切」なものが一つではなくなって「選択」が出来なくなる。

かといって、どれも大切で「選択」する事が出来ない。出来る事なら、誰かに委ねたい。でもそう考える弱い自分が嫌いだ。

もっともらしい理由はいくらでも付けられるけど、「本当にそれで良いのか?」という葛藤に押しつぶされそうになる。

挙句の果てに、「正論を武器に自分を納得させ、仲間に当たる」。

潤平の姿から筆者はこのように感じました。そして、これは似たような思いを言葉にできなかった人達の「代弁者」という役割をドラマ内ではになっているのです。

※登場人物の5人は、それぞれ何かの思いを代弁しています。

コントが始まる伏線回収考察

諦めたら本当になくなるのか

そして、この売れないお笑い芸人「マクベス」の3人の解散理由そして、解散からの葛藤が私たち視聴者に伝えたい事は、「諦めたら本当に大切なものはなくなるのか」という事。

誰だって一度は経験したことがある「熱中するものがあった時代」。それは辞めて(諦めて)しまえば、あとは懐かしむだけですよね。

そして、「燃え尽きる事が出来ず」に辞めてしまったものは「くすぶり」となって胸の中に残っていきます。

選択した方に価値があるという事

遅くても、20代のうちに誰もが「置いてきた青春」と引き換えに手に入れた現在にもが「大切な価値」があるのだ、という事をドラマ前編を通して伝えてくれるのが「コントが始まる」だと筆者は考察します。

それは、例え選ぶことが出来ずにした「選択」であっても人生はきっと「自分が選択した方に価値がある」という事をマクベスの三人そして、中浜里穂子(有村架純さん)、中浜つむぎ(古川琴音さん)の姉妹の姿から視聴者へ送る応援歌のようなものになるはず。

だから、時には視聴者に苦い思い出を思い出させるような場面もあるが、それはドラマの登場人物と一緒に前を向いていってほしいというメッセージです。

あくまで筆者個人の考察になりますが、彼らがどう成長し「自分の選択した人生に価値を見出していくのか」一人の夢を諦めた経験をもつ人間として視聴していこうと思います。

コントが始まる第1話を無料視聴する方法

コントが始まる第1話はHuluで「見逃し配信中」です!

ドラマ放送後すぐに見逃し配信が始まりますので、見逃した方やもう一度見たい方はぜひ確認してみてください。

下のボタンからHuluで「コントが始まる見逃し配信」を無料視聴できる方法を紹介しています!

 

Amazonプライムデー開催