コントが始まる考察

「コントが始まる」メロンソーダとラーメン!”第1話水のトラブル”伏線回収を考察

コントが始まる第1話水のトラブルラーメンとメロンソーダの伏線と回収

2021年4月17日土曜よる10時ついにコントが始まる第1話「水のトラブル」が放送されましたね!

予告通り、冒頭の売れないお笑い芸人マクベスのショートコントが伏線になっていました。

第1話のコント名は「水のトラブル」でしたが、伏線回収に気づけたでしょうか?

今回は冒頭の伏線からのドラマ中での回収について考察していきます!

ポイントは「ラーメン」「メロンソーダ」です。

※コントが始まる見逃し配信はこちらから→見逃し配信無料視聴法

冒頭のショートコント「水のトラブル」

美濃輪潤平(仲野太賀さん)と朝吹瞬太(神木隆之介さん)が働く「ラーメン愉快」で、水野トラブルが起き、それを解消するために「水のトラブル777」の業者高岩春斗(菅田将暉さん)が来るところから、ショートコント「水のトラブル」は始まります。

「水のトラブル777はこれまで解決できなかったトラブルは1件もありません。」

※コント中の名前。潤平→湯川海太郎、春斗→池山、瞬太→不明

「コントが始まる」名言12選!

ラーメン愉快で起こった水のトラブルとは

水のトラブルなら何でも解決する「水のトラブル777」に、お願いされたトラブルはなんと、「瞬太が触った水はすべて“メロンソーダ”になってしまうというものでした。

コップのなかの水も、ラーメン”のスープ、蛇口をひねっても、便器の水もすべて「メロンソーダ」に変えてします瞬太。

挙句の果てには、池山から受け取った名刺の社名まで「メロンソーダのトラブル777」まで変わってしまいます。ちなみに、池山の池までメロンソーダに変わります。

そして、店長湯川海太郎がこれも変わるのか?と自分の名刺を差し出すと、その名刺まで「メロンソーダメロンソーダメロンソーダ太郎」へと変化。

※劇中では、このメロンソーダに変わってしまった名前の漢字3文字は何か?というのが、ネタになっているのですが、今回の考察では省きます!

「コントが始まる」第2話コント”屋上”の伏線考察!

”ラーメン”と”メロンソーダ”伏線と回収考察

それでは、冒頭のショートコントでキーとなっている”ラーメン”とメロンソーダ”のドラマ中での伏線回収を考察していきます。

①”ラーメン”の伏線回収と考察

マクベスの3人にとって”ラーメン”は大きな意味を持っています。

結成時、オーディション後、ライブの後、そして解散時全てにラーメンが絡んできます。

10年前の結成と10年後の解散

10年前、潤平と春斗が文化祭でコントを行ったことがマクベスを結成するきっかけとなりました。

当時は潤平と春斗が文化祭で行ったコント「屋上」は、「ぷよぷよ日本一」を取り話題になっていた瞬太にすべて持っていかれ、ほとんど観客がいない状態でした。

放課後、「ぷよぷよ日本一」になり賞金100万を手にした瞬太に、コントの観客を取られたという事で「中華料理ポンペイ」に行き、潤平と春斗はラーメンを奢ってもらいます。

そして、進学の話になり春斗は本気でコント師になると宣言し、「ラーメンを食べ終わった後」潤平にコンビを組もうというのです。

時は、流れ10年後マクベス結成時に親に約束していた10年まであと2か月を切ったところで解散か継続かで3人は揉めます。

解散を認めない春斗に、瞬太は次のオーディションで受からなかったら解散しようともちかけるのです。

結果は惨敗。三人は無言で車を走らせ、東京から福岡へ。そこで豚骨ラーメンばりかたを食べる三人。

そして、ラーメンを食べ終わった春斗が重い口を開きこういいます「解散するか」…

これに、潤平と瞬太は大爆笑。「お前はいつもラーメン食べてから大事な事を言うよな!俺を誘った時も。マクベスを結成した時もよ。10年前の伏線回収してんじゃねーよ」といって涙するのでした。

「コントが始まる」あの名言を紹介!

単独ライブの最後の言葉を変える

解散の決め手となるオーディションを終え、福岡までラーメンを食べに来て春斗からの解散の言葉を聞いたマクベスですが、次の日に単独ライブがあるという事で、東京までとんぼ返りです。

そして、ドラマ最後に冒頭のショートコント「水のトラブル」のシーンに戻り、こう続きます。

潤平「この窮地を救えるっていうのかよ!」

春斗「もちろんです。これまで解決できなかったトラブルは一件もありません。」

瞬太「じゃ、いつまでもラーメンなんか食ってないでいえよ!」

春斗「私、大事な話はラーメンを食べた後に決めてるのです」

上手く締まってますね!この最後のセリフは、福岡でラーメンを食べ後に「解散」を決めた事で春斗が変えたのです。

上手く伏線が回収されていて気持ちいですね!

コントが始まる第1話はこちらから視聴

“メロンソーダ”の伏線回収の考察

次は「メロンソーダ」の伏線回収を考察していきます。

これは、コント「水のトラブル」が出来るきっかけとなるもの。

春斗と中浜里穂子の出会い

舞台は1年半前、春斗と里穂子の出会いに遡ります。

マクベスを心の支えとしている里穂子ですが、ファミレスでお客さんとしてマクベスが来る前に、春斗と出会っていました。

バイトを終えた春斗は公園のベンチで、酔っ払ってべろべろになっている里穂子と出会います。

そのとき、春斗はミネラルウォーターを上げてその場を立ち去るのですが、翌日同じベンチの上に置いてあったミネラルウォーターの中身が、メロンソーダに変わっていたのです。

これが、きっかけで「水のトラブル」のメロンソーダのネタが出来ました。

「コントが始まる」第2話名言10選!

メロンソーダに変わっていた理由

ミネラルウォーターがメロンソーダに変わっていたのは、里穂子がその日に辞めた食品会社のメロンソーダの粉末をペットボトルに入れていたことが理由だと、最後に分かります。

1年半後に、ファミレス「メイクシラーズ」で里穂子に再会した春斗は里穂子が気づいているか試すために「メロンソーダ」を注文するのですが、里穂子に気づいている様子は全くありませんでした。

このシーンはどらまの途中で出てくるので、ジワジワと伏線の回収のヒントを与えられて理う気持ちになりながら分からないというもどかしさがありましたよね。

そして、最後に気持ちよく回収してくれました!

もし、もう一度「水のトラブル」の伏線がどのように回収されていったのかを確認したい人はHuluの見逃し配信を確認ください。

実は「ショートコント」以外にも、微妙な伏線もありましたが気づけましたか??

コントが始まる第1話を無料視聴する方法

コントが始まる第1話はHuluで「見逃し配信中」です!

ドラマ放送後すぐに見逃し配信が始まりますので、見逃した方やもう一度見たい方はぜひ確認してみてください。

下のボタンからHuluで「コントが始まる見逃し配信」を無料視聴できる方法を紹介しています!

Amazonプライムデー開催