コントが始まる考察

「コントが始まる」第2話コント”屋上”の伏線考察!潤平の秘密と瞬太の自殺とは?

コントが始まる第2話屋上の伏線回収を考察!潤平の秘密と瞬太の自殺

2021年4月24日「コントが始まる」第2話コント「屋上」が放送されましたね!

今回は潤平が唯一春斗に行っていなかった秘密と、瞬太と春斗の出会いである屋上で瞬太が死にたいと本気で思っていたことが明らかにされました。

ますます、3人の若者のストーリーに引き込まれる内容となっていましたね。

それでは、本章で「潤平の秘密と瞬太が死にたいと思った理由を伏線から考察」していきます。

※ネタバレを含みます。

※コントが始まる見逃し配信はこちらから→見逃し配信無料視聴法

第2話コント”屋上”

ローン35年でマンションを買った夫婦(春斗と潤平)がベランダから見える富士山を長めにテーブルでも出してシャンパンを飲もうと話をしている場面から始まります。

そんな優雅な雰囲気とは裏腹に、目の前のマンションの屋上から飛び降り自殺を図ろうとしている瞬太が現れます。

それを止めようと慌てふためく夫婦と自殺をしようとする瞬太の掛け合いがネタとなっているコントです。

第2話コント”屋上”の伏線のあらすじ

それでは、コント”屋上”の伏線と考察を行っていきます!

※ここからネタバレを含みます。

伏線回収に関わるところには黄色い下線をつけていますので参考にしてください。

「伏線①」潤平が春斗に秘密にしていたこと

春斗と潤平が「マクベス」を結成したのは、文化祭の後ぷよぷよ日本一になった瞬太にラーメンを奢ってもらうために言った中華料理屋でした。

春斗は潤平と二人でコントを考える事、少ない客の前だったけどコントをやったことが楽しくて真剣にコントをやろうと決めます。

そこで、潤平に相方になってほしいと声を掛けるのです。そこで、「二人で天下を取ろうぜ」と潤平が答え二人は笑います。

まさに青春ですね。こうやってマクベスは結成したのです。

「コントが始まる」マクベスの解散理由は何?結成10年の彼らからドラマを考察!

春斗に声を掛けたのは実は3人目

高校生当時、学校一の美女夏美が好きだった潤平はどうにか夏美を振り向かせようと考え出したのが「文化祭でコントをして夏美を笑わせる」いう事でした。

夏美はバスケ部のエースで頭の良い小林と付き合っており、潤平は何度も告白をしては失敗しています。

そこで、コントの相方として倉持、瞬太に声を掛けますが断られます。そして、3人目に声を掛けた春斗が誘いに乗ってきてくれて晴れて文化祭のステージに立つのです。

これが「マクベス」の結成につながるとはだれも思いもしていませんでした。

第5話”カラオケボックス”伏線回収考察

マクベス結成の理由も夏美

潤平にとって文化祭でしたコントは小林に対抗する手段で夏美に対する求愛行動で在りませんでした。

しかし、春斗にとっては潤平と二人でコントを考える時間、潤平と二人でしたコントが客が少なかったといえど楽しく、本気でコントをすると決心させるのです。

そして、文化祭後の中華料理屋で春斗は「本気でコントをやりたいと思う。」言います。

そこまで、考えていなかった潤平は至って冷静に春斗を見ていましたが、丁度携帯に来たメールを覗き見るとそこには夏美から「コント最高に面白かった!潤平が初めてかっこよく見えました。」と書いてありました。

それを、見て内心舞い上がっている潤平に「俺と一緒にやってくんね。相方お前しか考えられねーわ。」と言う春斗。

そして、「いいよ。二人で天下取ろうぜ。ガハハハ」とマクベスは結成したのでした。

春斗の純粋にコントをしたいという思いと、潤平の不純な思い出結成されたマクベス。その事を春斗は知る由もなかったのです。

春斗と潤平の大喧嘩

瞬太の一言で、文化祭のコントで3人目に声を掛けられたと知った春斗は潤平を問い詰めます。

春斗:「何で言わなかったんだよ。こんな大事な事を言い合えない俺たちの関係ってどうなの?」

潤平:「じゃぁお前は俺に黙ってる事一つもねーのか?」

春斗:「ねぇよ。あるわけねぇよ。秘密にした10年がどれだけ俺を傷つけているか分かるか?お前にとって俺は第3希望の滑り止めだったんだろ!?俺ピエロじゃん。潤平にさほどおもしろいと思われてなかったのに、潤平に誘われてステージに上がって、しかもコントで売れようなんて夢語ってさ!」

潤平:「じゃあ、マクベスやったこと悔してんのか!?」

春斗:「当然だろ!知ってたら引き受けてなかったし、間違ってもお前に本気でコントやろうなんて言わねぇよ!!!」

一緒にやった10年間を全否定する春斗。

倉持と組んでたら売れてたのにと思ってたんだろと潤平に問い詰める春斗。

そして、自分と組んでなかったら芸人にならずに済んでたのにと考えたことあるだろという春斗。

その姿をみて、潤平は「お前くそだな!そんなに言って欲しいなら言ってやるよ!お前と組むんじゃなかったわ!」と言い飲みかけのビールを投げ捨て部屋から出ていくのでした。

「コントが始まる」第2話屋上の無料視聴はこちらから

「伏線②」瞬太の自殺と春斗との出会い

瞬太と春斗の出会いは高校2年生の頃。

本気で死んでもいいかなと屋上に立っている瞬太のところに偶然同じクラスの春斗が現れ「まさか、死のうとしてなかった?」と声を掛けられます。

瞬太は「まさか」と答えますが、この一言で自殺を思いとどまります。

これが二人の出会いで、春斗が瞬太を救った瞬間でもありました。

潤平の告白を跳び箱から覗き見る

瞬太に自殺されると困る理由を春斗は潤平が明日夏美に告白するからと答えます。

その流れで、告白場所である体育倉庫の中に置いてある跳び箱の中に二人で隠れ、振られる潤平を見る事になりました。

潤平は酷薄なのになぜかアキレス腱を伸ばしストレッチ。そして、現れた夏美に即答で振られるのでした。

27歳で死ぬと決めている瞬太

瞬太はプロゲーマー時代に27歳で死ぬとインタビューで答えていました。

それは、瞬太の父親が27歳という若さでこの世を去ったのと、父親が好きな詩人やミュージシャンがみんな27歳で死んでいたこと。そんな父親に愛されている自分も27歳でこの世を去ると本気で思っていたからです。

そして、28歳になった瞬太は橋の上に行きます。

丁度、コント”屋上”で小道具として使う遺書の封筒の中に、瞬太の字で本当の遺書が掛かれているものを見つけた春斗は心配になり瞬太がいる橋の上へと向かうのです。

その中身は屋上で自殺しようとして死のうと思った若者の気持ちになって書かれていました。それは、父親が死んだこと、母親が男を作った事が理由として書かれており瞬太が高校2年生の時に死のうと思ったときの心情と同じだったのです。

本気でなかった瞬太ですが、春斗と駆けつけた里穂子によって自殺することはありませんでした。

「コントが始まる」メロンソーダとラーメン!”第1話水のトラブル”伏線回収を考察

「伏線③」潤平のブログ

春斗、里穂子そして瞬太が橋の上に集まります。

潤平は春斗と喧嘩して行きづらいからと里穂子に伝え来ませんでした。

喧嘩を知らなかった瞬太は春斗に「文化祭の時の話をしたと」と教えられます。

そして、潤平にはっきりと「お前と組まなきゃよかった」と言われたと二人に言うのです。

本心じゃないと里穂子と瞬太。それでも、納得がいかない春斗。

潤平のブログと里穂子の考察

そんな春斗の姿をみて里穂子が言います。

「春斗さんと本気でマクベスやりたいと思っていたからじゃないですか?それを伝えるとへそを曲げてしまう春斗さんの性格を一番分かっていたからではないですか?」

そういって、潤平が二人にも言わずに書いていた「C級芸人のB級るる目日記」というブログの内容を読みだすのです。

4年前の記事にこう書いてありました。

高校の帰りにHとSとよく来たポンペイ。高校3年の文化祭の後Hとコンビを結成した。昔の俺に一言。お前の選択は間違ってないぞ。

この文章の後に、1行明けて「麻婆丼」と書いてあり、麻婆丼の事なのか、コンビ結成の事なのか分かりません。

第2話コント”屋上”伏線回収の考察

ここまでが、伏線のあらすじとなっています。ここから一気に回収の考察を行います。

伏線回収部は黄色い下線を入れていますので参考にしてください。

屋上のコントにこだわる潤平

瞬太の自殺未遂、潤平と春斗の喧嘩、そんななか、次の日の単独ライブを控えたマクベス。

こんな事の後に「屋上」のネタするのは演技悪いけどどうする?と潤平に問いかけます。

しかし、潤平は「屋上」でいいと屋上をする事にこだわるのです。

①「ライブ当日アキレス腱を伸ばす潤平

そして、ライブ前の控室で、潤平は瞬太に「最後テラスに飛び込むところ、気持ち遅らせて欲しい」とお願いします。

そして、初めてライブ前に「アキレス腱を伸ばすストレッチ」するのです。それは、11年前に夏美に告白する前に入念にストレッチをしている潤平のようでした。

潤平のアドリブに気づく二人

そして、ライブ後瞬太のバイトしている居酒屋でマクベスの3人と瞬太が誘った、つむぎとそれについてきた里穂子で一緒に飲むことになりました。

そこで、ライブ前にアキレス腱を伸ばしている姿をみて、アドリブを入れる事が春斗と瞬太は分かったという話になります。

「何でそれで分かったの?」と解せない様子の潤平。

春斗が潤平の黙っていたこと

2人がアドリブを入れる事が分かったという事に解せない潤平に、瞬太と春斗は高校2年生のとき、跳び箱に隠れて夏美への告白を見ていたと言います。

そして、潤平は「まじか!まじか!お前も言ってない事あるじゃねーかよ」と春斗に言うのでした。

微妙な伏線が上手に回収されて気持ちい場面です!

②潤平と瞬太が「屋上」に入れたアドリブ

そして、場面は冒頭のコント”屋上”のシーンへと戻っていきます。

潤平:「一度はどうなるかと思ったけど思いとどまってくれた良かったわ」
春斗:「さぁこっちへ来て一緒に飲まないか?引っ越し祝いのシャンパンが冷えてるんだ。」

本来はここで、瞬太が夫婦のベランダにジャンプするところでコントは終わるのですが、瞬太はジャンプしません。そして、アドリブで潤平のセリフがこう続くのです。

潤平:「私からも一言言わせて。あなたを選んでよかったわ。ほんとよ。」

瞬太:「命を救っていただきありがとうございました。もう2度と死のうとは思いませんから!安心してください」
(瞬太ジャンプでベランダに飛び移る)

潤平:「キャー」

春斗:「どっからは入ってきてんだよ!」(オチ)

アドリブで、春斗とマクベスを組めてよかったという潤平の気持ちと、本当に死のうと思っていたところを春斗に救われた瞬太の思いが分かったところで、綺麗に伏線が回収されコント”屋上”はおしまいです。

伏線回収系のドラマは面白いし気持ちがいいですね!

コントが始まる「屋上」無料視聴方法

コントが始まるはHuluで「見逃し配信中」です!

ドラマ放送後すぐに見逃し配信が始まりますので、第2話「屋上」を見逃した方やもう一度見たい方はぜひ確認してみてください。

下のボタンからHuluで「コントが始まる」を無料視聴できる方法を紹介しています!

このブログでは【コントが始まる】について紹介していきますので是非他の記事も興味があれば確認してみてください!

Amazonプライムデー開催