イチケイのカラス考察

「イチケイのカラス」第4話切ない少年事件の判決を考察!坂間千鶴初の職権発動も!

イチケイのカラス第4話切ない少年事件について考察

2021年4月26日フジテレビ系列「イチケイのカラス」第4話が放送されましたね!

兄弟を想う少年の起こした事件。

今回の裁判は、これまでの裁判以上に視聴者にとっても考えさせられる内容でした。

そして、判決を下した坂間千鶴の苦悩は人を裁くという事について真剣に向き合う人がいるという事を教えてくれたと思います。

正しく切ない裁判について考察していきます。

※イチケイのカラス見逃し配信はこちらから→無料見逃し配信

イチケイのカラス第4話あらすじ

イチケイの部長・駒沢義男(小日向文世)は、家庭裁判所から逆送されてきたある少年事件を合議制で扱いたい、とみちおたちに告げる。被告人は17歳の望月博人(田中偉登)。半年前に高校を中退した博人は、レジャー施設でアルバイトスタッフとして働いていたが、あるとき売上金5000万円を盗んで逃亡。警察に逮捕されそうになった際には、繁華街のビルの非常階段から盗んだ現金をばらまいていた。みちおは裁判長は坂間がいいのではないかと提案し、坂間も決意を表明する。

完全黙秘の被告の青年

今回の被告である、望月博人(17歳)は検察官の取り調べにも弁護士に対しても何も供述をしない完全黙秘を行います。

被告の望月博人には同じ施設で兄弟のように育った、滝本陸・吉沢未希という存在がいました。

未希はプロのピアニストを目指していましたが、東京ドリームランドで博人と乗ったジェットコースターが過失整備不足によりトラブルを起こし、その際左手を負傷。未希はピアニストの夢を諦めなくてはいけなくなりました。

過失を隠ぺいをし、不起訴となった東京ドリームランドから、博人と陸は未希の左手の手術費を強奪する計画を立て実行します。

犯行は博人一人。強奪したお金を陸に渡し、その後、陸の無関係を装うため逃亡し手術費以外のお金をビルからばらまいたのです。

この事実を隠すため、博人は完全黙秘を貫いていたのです。

イチケイのカラス名言集

【考察】真実を暴き判決を下す意味

坂間千鶴の初の合議制裁判長としての、職権発動で事件にある背景が次々に耀に見なっていきます。

そこには、兄弟同然に施設で育った陸と未希を守りたい博人の真実がありました。

怯える博人と葛藤する千鶴

この裁判で印象的だったのは、陸が事件に関与しているという事を、示唆した時に被告の望月博人が額を地面につけ「裁判長お願いします。お願いします..今ここで判決を下してください。」と懇願するシーンです。

明らかに、博人は隠しておきたい真実が暴かれることに怯えています。そして、その真実を隠したい気持ちが痛いほど分かる千鶴の葛藤する姿は視聴者である私たちも共感できるものでした。

しかし、千鶴は最終的に真実を暴き、それを元に懲役三年という判決を下します。

そして、博人が最も守りたかった未希の手術は中止に、事件に加担していた陸は家庭裁判所に送られるという事実を伝えます。

「イチケイのカラス」第4話の名言千鶴に心を動かされる

人を裁き光を当てるとは

判決が下された博人は「やっぱり法律何てくそだ!どうしてだよ!お前に何が分かる!」と千鶴へ泣きながら突っかかっていきます。

それは、どうにもならない事への憤り、不公平な世の中への怒り、そして、二人だけは守りたいという祈りにもにた叫びでした。そんな、博人に千鶴はこういうのです。

人生は、自分の思い通りにならない事の方が多い。

努力してもどうあがいてもどうにもならないことがあります。

でも、それでも自分の人生を投げていけない。

いかなる理由があろうとあなたは罪を犯してはいけなかった。

許さなくていい。あなたの苦しみ憤りを受けとめます。

そして、願っています。いつかあなたがあなたたちが手を取り合いを前を向いて生きていける事を。

あなたが逆境を跳ね返し努力して自分の人生を切り開いていける事を。

そして、辛い経験があったからこそ今があると、いつかそう思える事を。心からそう願っています。

一見すると、弱者である望月博人やその兄弟を救ってほしいと思える裁判です。真実が暴かれなければ彼らは幸せに過ごせたかもしれません。

それでも、千鶴は真実を暴き判決を下しました。そこには、その逆境の中、もがき苦しんだ先にこそ三人の幸せがあると信じているという千鶴らしい優しさがありました。

ワタリガラスの創世神話に出てくカラスのように、人々に光を当てる千鶴の姿が描かれていると思います。

イチケイのカラス毎話考察

強く生きて欲しいという千鶴の願い

今回の被告望月博人は17歳です。高校生と言えどもまだまだ子供です。どうにもならないもどかしさや憤り、不条理な世の中への怒り、そして愛する人たちを守りたいという感情を”犯罪”という形で表現しています。

犯罪はしないにしても、多くの人が若かりし頃の「どうにもならない感情」の置き場に苦しんだことがあるのではないでしょうか。

自分の力ではどうにもできない、でもどうにかしなくては収まらない。10代はこういった思いの連続です。そして、自分と向き合わず、やってはいけない事を選択してしまう。

例え守りたい人がいても、それは理由になりません。それだけではなく大切な人すらも傷つけてしまいます。

そんな日々を間違っていたと、深く後悔し自分と向き合う事が人生の始まりです。

世の中は自分の思い通りにはならない。それでも、自分は生きている、生きている限り人生を投げてはいけない。自分の為にも愛する人のためにも。

それに気付くには、望月博人はまだあまりにも若く、繊細で弱い存在です。

しかし、自分の犯してしまった事と向き合う時間があればきっと、前を向き歩きだせる。この辛い経験があったから今があると、言える日が来る。

君はそうやって強く生きていけるんだよ、千鶴の姿は言っています。

それは決して裁判官として、人生の先輩として上からの言葉ではないという事が「許さなくていい。あなたの苦しみ憤りを受けとめます。」という言葉に込められていますね。

見ている人すべてが博人の思いと判決に対する切なさを感じています。それは、坂間千鶴も同じで、一番切なさを感じていたかもしれません。それでも、千鶴は判決を下したのです。

真実を暴かなければ一生苦しむことになる

第4話の望月博人を見て、頭に浮かんだのは第3話で被告として登場した藤代省吾です。

藤代省吾は第3話で裁かれる18年前に、駒沢部長によって裁かれています。藤代はこの18年間罪を償う期間があったから、大切なものを手にする事が出来たと語っていました。

「イチケイのカラス」第3話を視聴する方法

この裁判に裁判官として参加していた千鶴の中に、もしかしたらこの姿があったのかもしれません。

罪を償う時間が無ければ、被告や、それを知っている兄弟や友人、家族は心にしこりを抱えて生きていく事になります。

守りたいという気持ちは時に、その思いを守る相手に課すという残酷な結果を生みかねません。

事実、今回博人と陸が行った犯罪を薄々感じてはいたものの二人のために気づいていない振りをしていた未希の姿描かれています。

もし、千鶴が真実を暴き判決を下さなければ、残された陸と未希はずっと罪の意識を抱えて生きる事になっていたでしょう。

優しさとはそういうものではない。どんなにどん底で辛い状況だったと手を取り励まし合えるそんな関係こそが本当の優しだと、今回の裁判で伝えられた気がします。

真剣に向き合ってくれた千鶴の存在が光

「自分を裁くことにこれだけ苦しんでくれた人がいる。それは少年にとっては救いになったはずだよ。」

これは、裁判後苦しんでいる千鶴に対してみちおが言った言葉です。

望月博人、陸、未希は施設で育ち、そして大人の汚さがきっかけでこの事件を起こしてしまいました。

いわば、大人は自分の都合のいいようにしか動かない敵のような存在です。

そんな中、真剣に被告と向き合っている千鶴の姿はこれからの博人の人生に光を与えたでしょう。

罪を償い、成熟し客観的に自分を見れるようになった時、千鶴の判決の意味が分かるはずです。

「辛い経験があったからこそ、気づけたのだと。真剣に向き合い罪と向き合う時間をくれた人がいたからだと。」

光を当てるとは今だけの事ではなく、これからの被告が歩んでいく人生に対しての話です。

そのために、暗い道を歩かせなければいけない時もある。そして、人を裁く以上は裁判官自らもきつい判決下さんければいけない。どんなに切ない真実が隠れていようと、被告の人生を背負う覚悟でしなければいけない。

判決を下した千鶴自身も今回の裁判で気づいたはずです。

最後に登場した、創世神話に出てくるワタリガラスのような存在「イチケイのカラス」へ千鶴がなっていく事が期待できる話でした。

イチケイのカラス見逃し配信

ドラマイチケイのカラスはFODプレミアムで見逃し配信を行っています!

ドラマ放送後すぐにその日の、見逃し配信を確認可能で、2週間の無料トライアルもありますので、気になる方は是非確認ください。

※下のボタンから「イチケイのカラス」をFODプレミアムで無料視聴する方法を確認できます!

Amazonプライムデー開催