コントが始まる

【コントが始まる】シェイクスピアのマクベスからドラマの最後を大胆予想!

シェイクスピアマクベスからドラマ物語を予想

日本テレビ2021年4月期新土曜ドラマは【コントが始まる】に決定しました!

キャストは【主演:菅田将暉さん】【神木隆之介さん】【仲野太賀さん】【有村架純さん】【吉川琴音さん】と豪華若手俳優陣ばかりです!

テーマは青春群像劇とのことです!

それでは物語の軸となるであろう高岩春斗(菅田将暉さん)美濃輪潤平(仲野太賀さん)朝吹瞬太(神木隆之介さん)の3人からなる芸人トリオ「マクベス」からドラマの最後を大胆予想していきましょう!

ちなみに「マクベス」とはシェイクスピアの戯曲の一つで「ハムレット」「リア王」「オセロー」に並んで4大悲劇と呼ばれています!

いきなり結論ですがこの物語は「悲劇」「喜劇」に変わる!そんなエンディングを迎えると予想します!

それでは、もっと詳しく見ていきましょう!

トリオ名「マクベス」の由来

この物語は冒頭で説明した高岩春斗(菅田将暉さん)美濃輪潤平(仲野太賀さん)朝吹瞬太(神木隆之介さん)の3人からなる芸人トリオ「マクベス」のショートコントから毎回始まり、そのショートコントがその後の53分の伏線になっているという構成です。

現在、「マクベス」というトリオ名の名前の由来の発表はありませんが、筆者は勝手にシェイクスピアの「マクベス」から取っていると考察しております。


マクベス(新潮文庫)

簡単に戯曲「マクベス」の説明

簡単にシェイクスピア「マクベス」の説明をしていきますね!

簡単説明を読む前に名前がカタカナでややこしいので、こちらの登場人物だけ覚えておいてください!

◆マクベス→主人公(スコットランド、グラミス領主)
◆バンフォー→スコットランド軍人マクベスと一緒に魔女に会い予言をもらう
◆ダンカン→スコットランド王だがマクベスに暗殺され王位を奪われる
◆マクダフ→イングランド陣営に加わり最後にマクベスを討ち取る

【シェイクスピアマクベスの簡単説明】
舞台は1000年代前半のスコットランド。主人公はグラミスという領主の将軍マクベス。
マクベスはある闘いの後、仲間のバンフォーと陣営に戻る途中、魔女に会い「マクベスは王になる」「バンフォーの息子も王」になるという助言をもらいます。
マクベスはそれを信じ、当時の王ダンカンを暗殺し王座を奪還するのです。
その後、魔女の「バンフォーの息子が王になる」という助言を恐れたマクベスはバンフォーと息子を殺しに行きますが殺せたのはバンフォーだけで息子を取り残しまいました。
恐怖で心が安定しないマクベスに再度魔女から「マクダフに気をつけろ」という助言をもらうのです。そして、マグタフ邸に押し入るもすでにマグタフは逃亡済み。時同じくして、スコットランドにイングランド軍が攻め込んできたのです。このイングランド軍の中にマクダフもおり、もともと暗殺奪還した王位のマクベスから人身は離れていきマクベス軍は崩壊。
最後はマクベスはマクダフとの一騎打ちに敗れ殺されてしまい、スコットランド王にはバンフォーの息子が魔女の予言通りつくこととなり物語は終わり。

自らの欲を追いかけ最悪の最後を迎えた主人公マクベスはシェイクスピアの4大悲劇として描かれています。

さらに、物語について知りたい人は、シェイクスピア「マクベス」の詳しいあらすじ(Wikipedia)をご確認ください。

悲劇は最高の喜劇である

「悲劇は最高の喜劇」であるという名言はお馴染みですよね。

この言葉から、筆者はコントが始まるに登場する芸人トリオ「マクベス」が二つの視点から見えると思っています。

1つはなぜトリオ名を「マクベス」にしたのかという、劇中での意味。
そして、ドラマ全体を通しての軸となる「マクベス」の意味。

視点は二つですが、劇中で彼らが持つ意味と私たち視聴者に伝えたいメッセージがかぶっているのではないでしょうか。

前者は「マクベス」という最悪の悲劇も喜劇に変えられるほどの「トリオ」を目指すという意味で、後者は「悲劇」は大きいほど「喜劇」になるという意味だと筆者は勝手に解釈しています。

そこにあるのは「悲劇」「喜劇」に変わる?変えられる?というテーマが込められているはずです。

「マクベス」の名言を紹介します!

コントが始まる物語の最後予想

「悲劇」「喜劇」変わる!

これが筆者の予想です。

脚本家の金子茂樹さんの他の作品情報を調べるとあまり分かりやすいエンディングというよりは含みを持たせて「視聴者に委ねる」というところがあるのであまり分かりやすいエンディングにはならないのではと思っています。

トリオ復活でショーレース優勝?とかではないと考察。※勝手な筆者の考察ですのであしからず。

ただ、何かしら最後のシーンでは登場者それぞれが「悲劇」を乗り越えいつかこの時の事を「笑い飛ばせる」そんなっ未来を思わせるようになっているはずです!

20代の悲劇はすべて喜劇である

そして、このドラマの主となる登場人物は「どん底」にいる20代後半の男女です。

晩年に悲劇に見舞われた(自分で悲劇を作った)シェイクスピアの「マクベス」とは違い彼らはまだ若いです。

若いうちの「悲劇」というのは乗り越えればあとは「笑い話」という事を伝えたいのではないでしょうか。

そのためには弱い自分と向き合う「心の強さ」が必要です。しかし、この「心の強さ」もまた「悲劇」(悲しい事・失敗・どうしようもない状況)を得る事でしか得れないからこそ「悲劇」は起こるのだという事を伝えてくれるそんなドラマになると期待しています。

93年生まれが終結!4人の同世代に対するコメントを紹介!

響く人には響く作品

きっと、こういうストーリーだからこそ「多くの人」(全てではない)に響く作品になるのではないでしょうか。

「悲劇」を乗り越えて「喜劇」に変えた彼らよりも大人にとっては懐かしく。

現に今「悲劇」の渦中にいる20代後半には勇気を与え。

そして、将来何かをつかみたいと思っている10代の背中を押す。

分かる人には分かりそうですね!

コントが始まる見逃し配信

コントが始まるはHuluで「見逃し配信中」です!

ドラマ放送後すぐに見逃し配信が始まりますので、見逃した方やもう一度見たい方はぜひ確認してみてください。

下のボタンからHuluで「コントが始まる」を無料視聴できる方法を紹介しています!

Amazonプライムデー開催