イチケイのカラス

「イチケイのカラス」原作が打ち切りになっていた?ドラマ版との違いから理由を解説!

イチケイのカラス大人気ドラマ原作が打ち切りになっていた理由

2021年4月クールフジテレビ月9の「イチケイのカラス」大人気ですね!

その証拠に、第1話で最高視聴率13%超えという現在の民放ではありえない大ヒットを記録し第6話が終わった今でも10%超えをキープと大成功しているドラマです。

既に、続編や映画化かの声が上がっていると言われています。

しかし、漫画雑誌モーニングで連載されていた原作「イチケイのカラス」(著:浅見理都さん)は4巻の発売で打ち切りになっているようです!

この記事ではその理由をドラマとの違いも紹介しながら解説します。

第6話で盛り上がりを見せ目が離せなくなってきたドラマ版についても最後に少し触れてます。

※イチケイのカラス見逃し配信はこちらから→無料見逃し配信

原作イチケイのカラスの打ち切り理由は?

ドラマ「イチケイのカラス」同様、原作も刑事裁判官を主人公とした物語りとなっています。

漫画雑誌モーニングにて2018年5月に第1話の連載が開始しましたがそこから1年弱で「打ち切り」を迎え、単行本は全4巻で終わっています。

原作にはコアなファンも多く、SNSでは好意的なコメントも沢山あったのですがモーニング内でのランキングが下がり打ち切りとなりました。

「打ち切り理由①」万人受けしないから

打ち切りの理由として、最も言われているのが法廷を舞台とし今までになかった裁判官を主人公とする物語はどうしても「難しい言葉」「難しい法律」が出てきますので、一般の読者には受けなかったのでは?と言われています。

第2巻みちおの判決

【モーニング:イチケイのカラス第2巻:著浅見理都】

裁判官の日常を分かりやすく、一般の人の生活の中の一部として感じられるような作品にはなっていますが、どうしても法廷での話は難しくならざるおえないため結果的に万人受けしなかったのだろうと思います。

「打ち切り理由②」大どんでん返しがない

ドラマファンの人は分かると思いますが、ドラマでは毎回裁判官主導での調査(職権発動)で事件の真相が明るみになり判決が下されます。

中には、隠された真実が暴かれ幾ばくか含まれているミステリー要素も楽しさの一つですよね。

しかし、原作「イチケイのカラス」ではあくまで“人を裁くという事”“裁判官の在り方”にスポットライトを当てているため、「大どんでん返し」のようなワクワクするような展開はそこまで描かれていません。

その分、入間みちおや坂間真平(ドラマでは坂間千鶴)、井出検事、駒沢部長、裁判に係わる人たちがとして人を裁くという事に真摯に向き合っていく様子が丁寧に描かれています。それが本当に胸熱です!それこそが、原作に“コアなファン”が多くいる理由です。

涙ぐむみちおを見守る会

【モーニング:イチケイのカラス第2巻:著浅見理都】

もちろん、ドラマのように職権発動を行い真実を明らかにしていくのは変わりませんが、焦点の当て方に若干の違いがあるのです。

※竹野内豊さん演じる入間みちおが毎回法談を下り被告に話しかけるシーンは、やり方は違えど原作のみちおの血が流れていると思います。


イチケイのカラス(1) (モーニングコミックス)

原作と実写ドラマ版の違いは主人公

ドラマ版のファンの人向けに、原作と実写ドラマ版の違いを紹介していきます。

【イチケイのカラス原作とドラマの違い】

  1. 坂間千鶴の性別が違う
  2. 原作と主人公が違う

①原作で坂間千鶴は男

漫画版坂間真平

【モーニング:イチケイのカラス第1巻:著浅見理都】

まず、一つ目の大きな違いは黒木華さん演じる坂間千鶴が原作では男であるという事です。※添付画像が坂間真平です。

正確は性別が違えど、同じで堅物裁判官ですが駒沢部長や入間みちおの影響で徐々に裁判への関わり方が変わってきます。

月9ドラマと言えばヒロインですよね。なので、大胆に坂間真平を坂間千鶴と性別に変えた事がドラマの大ヒットに繋がっていると思います。

②原作では主人公が違う

刑事裁判官を嫌う入間みちお

【モーニング:イチケイのカラス第1巻:著浅見理都】

ドラマ版では竹野内豊さんがイケメンで、緩い空気をまとった裁判官入間みちおを主人公として演じていて、とてもカッコイイですが、実は原作で主人公となるのは、先ほど紹介した坂間真平です。

ドラマ版の坂間千鶴が実は原作では主人公です。

なので、ドラマ版のように石倉文太から坂間千鶴への恋心やみちおと千鶴の恋の行方などそういったサイドストーリーがあまりない事も原作の打ち切りに繋がった可能性はあります。

ちなみに、添付画像はドラマ版の入間みちおです。

原作みちおは竹野内豊さん演じる入間みちおとは違って小太りですがめちゃくちゃかっこいいです。


[まとめ買い] イチケイのカラス

 ドラマ版ではカラス激熱大逆転の展開へ

原作「イチケイのカラス」では、みちおが刑事弁護士を辞めて刑事裁判官となった過去が描かれ、「裁判官は何と闘うべき」なのかという答えを読者に委ねる展開で終わります。

そこで、描かれているみちおが刑事弁護士を辞めた理由はドラマ版第6話で描かれたように、裁判官の手によって阻まれ被告を救えなかったというつらい過去が原因です。

https://twitter.com/2004aiboutigers/status/1391741564142055431?s=20

この国の司法を裁く展開はオリジナル

しかし、原作ではみちおが裁判官となるきっかけとなった裁判を担当した裁判官は一裁判官としか描かれていません。

ドラマ版では最高裁判事長日高、中森検察次長、オメガ税理士会計事務所、東丸電気など一見接点のなかった者たちが12年前の事件と、大きく関わっているという事が分かり、ここからみちおはじめイチケイメンバーが”この国の司法を裁く”とう激熱な展開になっていきます。

日高を慕っている、坂間千鶴が真実を知るために奮闘しこの国の司法の権化である最高裁判事日高を追い詰めていくと考えると、胸が苦しいようなワクワクするような感じがしますね。

これからドラマ版「イチケイのカラス」では”開かずの間が開き真実が明らかになる”というみちおの言葉の通り、予想だにしない結末へと向かっていきますので、まだ全部を見れていない人も是非間に合いますので見直してみてください。

イチケイのカラス全話見逃し配信

ドラマイチケイのカラスはFODプレミアムで全話見逃し配信を行っています!

2週間の無料トライアル期間を使えば無料で視聴できますし、原作漫画イチケイのカラスFODプレミアムでは配信していますので、どちらも楽しめます。

どちらの面白さもありますのでどっちのファンでもある筆者としてはぜひ見て欲しい作品です。

「イチケイのカラス」公式フル無料視聴はこちらから>>>>

最後にFODについての基本情報記載しておきますので確認してみてください!
FODプレミアムの特徴はフジテレビ系の作品数が豊富な事!
・フジテレビ系の見放題作品数が豊富
・毎月最大1,300円分のポイント還元
・電子書籍購入で20%還元
・130誌以上の雑誌も読み放題
・FODでしか見れないオリジナル作品多数
月額料金 976円(税込)
見放題作品 50,000本以上
無料トライアル期間 14日間(2週間)
ダウンロード再生 不可

 

Amazonプライムデー開催