イチケイのカラス考察

「イチケイのカラス」千鶴とみちおの恋愛模様はどうなる!?最終回はまさかの展開?

イチケイのカラス最終回千鶴とみちおの恋愛模様について考察

2021年4月クールの月9ドラマ「イチケイのカラス」第9話まで放送して、すべての放送が視聴率10%越えと誰が見ても大ヒットしているドラマです。

入間みちお(竹野内豊さん)と坂間千鶴(黒木華)さんの凸凹コンビ裁判官がハマって毎回、涙を流しそうになる話ばかりです。

そんなイチケイのカラスも残すところ残り2話になりました!

この記事では、多くの人が気になっている「千鶴とみちおの恋愛模様」が最終回に向けてどうなっていくのかを予想していきます。

※イチケイのカラス見逃し配信はこちらから→無料見逃し配信

最終回に向けて気になる千鶴の恋心

放送開始当初、ドラマの最大の山場であり最終回になるだろろと思っていた最高裁判事であり千鶴の恩師日高亜紀(草刈民代さん)との戦い。

しかし、法的で日高に完全に言い負かされながらもでまさかの展開(日高が真実を会見する)で幕を閉たのが第7話でした。

これはこれで面白く、これを7話に持ってくるあたりがさすがイチケイのカラスと言えるような話でしたね。

そして、8話9話も申し分のない面白さで、凸凹だったみちおと千鶴が凸凹ではなく同じ形になっていくような感覚を覚えた視聴者も多いと思います。

千鶴とみちおの恋愛模様はどうなっていく?

残された10話11話は連続しており、イチケイの最後の事件として描かれますが、最終回に向けて一番の関心事は「千鶴とみちおの恋愛模様」ですよね。

月9ながらも、あまり恋愛要素がはいっていないイチケイのカラスですが最終回に向けてこの二人がどうなっていくのか非常に気になるところです!

なので、今回は千鶴のみちおに対する気持ちがどう変わってきたのかその軌跡を振り返るとともに、最終回でどうなるのかを予想していきますので是非確認してみてください。

裁判員裁判の名言10選

千鶴とみちおの恋愛模様振り返り

それでは、第1話から千鶴とみちおの恋愛模様を振り返っていきましょう!

どちらかと言うと、千鶴が自分の気持ちに気づく過程です。

第1話型破りのみちおについていけない千鶴

第1話みちおとの出会いは千鶴にとっては最悪でした。

中学生の法廷見学の付き添いの先生に扮したみちおは、裁判で判決を下さないという千鶴に対して「悩まない事に悩まないことになる」とその考えを諭します。

それが、裁判官のみちおだと知った後もみちおの突拍子の無い考えや発言行動にあきれ「ありえない入間みちお」と度々口にする千鶴。

しかし、最後にはみちおの判決に涙を流し罪を償おうとする被告の姿をみてみちおの徹底的に真実を追い求める姿の意味を理解します。

しかし、この段階ではまだ千鶴は日高の教えを胸にみちおを頭では分かっていてもみちおの正しさを肯定的に受け止めてはいません。

第2話千鶴の中にみちおらしさが芽生えてくる

第2話では虐待を疑われた被告を裁く裁判。

この裁判官には当時の最高裁判事長の息子が裁判官として関わっており、キャリアを気にする千鶴はみちおを制止しようとしますがみちおは気にせず真実を追い求めます。

始めは困り果てていた千鶴ですが、保身のために嘘の証言をするよう根回しをしていた最高裁判事長の息子に「恥を知りなさい!」と啖呵を切るのでした。

堅物エリートの千鶴が、みちおや駒沢部長イチケイメンバーと過ごす中で少しずつその考えに染まりつつある変化が見れたお話です。

イチケイのカラスモデルは実在した?

第3話真実を追い求める事を理解し始める千鶴

第3話ではかつて駒沢部長に裁かれた被告が再び登場します。

この物語の真実は非常に悲しくしかし温かいもの。

一見、事件を調べ上げる必要もないほど証拠がそろっているなか、見えている事実を疑い真実を暴こうとする駒沢部長、そしてみちおと千鶴。

最終的に事件の裏に隠された真実にたどり着き、正しい判決を下します。

千鶴はこの裁判で正しさを追い求めるみちおの姿にその意味を見出し始めます。

イチケイのカラス名言集

第4話千鶴のターニングポイントとなる裁判

第4話で初めて合議制の裁判長を務める事となった千鶴。

扱った少年事件は真実を暴けば暴くほど被告の少年とその兄弟が不幸になるものでした。

しかし、千鶴は少年とその兄弟の憤りも全て受け止め真実を基に正しい判決を下します。

裁判が終わり「自分の判決が正しかったのかと考え元気がない千鶴」に対してみちおはこういいます。

「自分を裁くことにこれほど苦しんでくれた人がいる。それは少年にとって何より救いになったはずだよ。誰よりも被告の事を考えていた坂間さんにしかできない裁判だったよ。」

この言葉に千鶴は涙するのでした。

ここが、坂間千鶴と言う裁判官のターニングポイントとなりみちおへと心が惹かれていったと思います。

恋模様の観点から見ても、妹エマ(馬場ふみか)の計らいもありみちおと二人でランチをする事になる千鶴。

なんか見つめ合うシーンもありちょっと恋愛チックな場面が出てきたなー!と嬉しくなる場面でしたので。

それを目撃した石倉文太(新田真剣佑さん)の片想いも忘れてはいけません。

第5話みつめるみちおの視線の先には

第5話は文ちゃんの幼馴染が所属するバレエ団の事件のお話です。

この話の石倉文太かっこよかったですね。

千鶴とみちおの恋に関しては、みちおはずっと千鶴の事を見つめ続けているそんなお話でした。

その理由は、「子どまだましに驚かない」という千鶴をどうやって驚かそうかと考えていたことにありましたが、なんだか観てるこっちまで恥ずかしくなるような見つめ方をするみちお。

最終的に、いたずらを仕掛けられその理由が分かり呆れる千鶴です。

そして、「ない。入間みちおだけは絶対にありえない」と言うのです。

一旦ありかなと思わせたところでやっぱりなしとじらしてくる話でしたね。

イチケイのカラス考察集

第6話12年前の事件知った千鶴は

第6話は12年前の事件の再審請求へと繋がる窃盗事件です。

この事件でみちおと日高の確執の理由を知る千鶴。

型破りな最初のイメージの千鶴なら、日高の意見を全面的に肯定していたはずがみちおの裁判に対する姿勢を信じている千鶴は、自らの足で再審請求を起こせる事を12年前の冤罪後刑務所で自殺した仁科壮介の妹由貴に会いに行くのでした。

千鶴にとっての裁判の形が変わってきたことを証明するシーンで在り、みちおに対する信頼が日高を超えたという事が分かる話でしたね。

第7話自分の気持ちに気づきかけてる千鶴

第7話では、みちおの弁護士時代の仲間青山瑞樹(板谷由夏さん)と共に12年前の事件の再審請求”開かずの扉を開く”イチケイメンバー。

かつてはキャリアを気にしていた千鶴ですが最高裁、検察官組織ぐるみの判決を真実をもって覆そうと奔走し、恩師である日高に対しても証言台に立つことを要求します。

この話で、千鶴は青山に「みちおに似ている。裁判官としてみちお化してる」と自身の変化に気づかされます。

そして、事件後に青山の「みちおが好きだから」と言う言葉に動揺し「辞めておいた方が良いよみちおだけは」と言う言葉に少し不安げな表情を浮かべみちおを見る千鶴。

これは、「みちおの事が好きな自分に気づいてはいるけど、そんなはずないよね?」自問自答している感じがします。

視聴者的には千鶴はみちおのこと好きだな。と確信を持てたシーンです。

青山弁護士と仲良くするみちおに少しヤキモチも妬いてましたよね。

第1話から無料で視聴する方法は?

第8話みちおの気持ちが読めるようになる千鶴

これまでの話では、自分の心の声をみちおに読まれっぱなしだった千鶴ですが、ここにきてみちおの心の声を読むことが出来るようになります。

突拍子の無いことを言う前、考えている内容を当てる千鶴は、みちおと過ごした時間の中で完全にみちおと言う人間を理解し始めています。

それほど距離が近くなり、裁判官として自分に多大なる影響を及ぼしたみちおの事を好きになってもおかしくありません。

と言うより、千鶴は認めないけどみちおの事好きなんだろーなーとほとんどの人がこの辺りで思っているはずです。

第9話ご飯に誘われ嬉しそうな千鶴?

第9話では、「みちお取扱説明書」が出来たと妹のエマに報告する千鶴が登場します。

エマ的には第4話あたりからみちおとお似合いだと言い続けていましたが、「ありえない」と千鶴は相手にしていませんでした。

そして、裁判員裁判が終わり丁度エマから「みちおとお似合いやけん、ご飯誘ってみんね」とラインが着たタイミングで、みちおから「ご飯一緒に行こうよ」と言われます。

最初の千鶴なら「業務以外での関係は差し支えます。」と言ってそうですが、「嬉しそうな顔で”はい”」と答えるのでした。

千鶴のみちおへの恋心は成就するのか?

第9話まで振り返ってみて「千鶴がみちおに対して惹かれている」と言うのはほぼ間違いありません。

後は、この恋が成就するのかどうかですが筆者の考察では「成就しない」と思っています。

理由としては次の二つです。

  • 千鶴がまだ自分の恋心に素直になれていない
  • みちおの気持ちが正直不明
  • フジテレビが恋愛を描かず行く

千鶴がまだ自分の恋心に素直になれていない

ところどころ、千鶴がみちおに惹かれかけている事が伺えますが、後2話を残してまだ千鶴は自分の気持ちに素直になれてはいません。

似てる似てると話題になっていた「HERO」の雨宮も同じ感じでしたのよね。

後2話で一気に成就までは持っていけないような気がしています。

似てる似てると話題になっていた「HERO」の雨宮も同じ感じでしたのよね。

正直みちおの気持ちが不明

千鶴の恋心はここまで何度も分かる形で表現されてきましたが、みちおが千鶴に対して恋心を抱いているかと言うと正直不明なところがあります。

どちらかと言うと、「無そうな感じ」がしています。

年齢は出ていませんが、割と離れている設定だと思いますし、みちお目線で見た場合恋愛と言う観点では結ばれないのではないでしょうか。

「竹野内豊さんと黒木華さん」の恋愛と言うのが筆者的にはしっくりこないという気持ちもあります。

フジテレビは恋愛を描かず最後まで行く

このドラマさすが月9とフジテレビ月曜9時の力を見せつける視聴率をたたき出しています。

十八番の恋愛を封印してこの視聴率を叩き出せるという実績を改めてつくるため、この調子でソフト恋心を描く事で幕を閉じると考えます。

最後裁判官としての千鶴が描かれる

では、イチケイのカラスの最終回の落としどころはどこになるのでしょうか?

筆者の考察では、「千鶴が自分の判断で職権発動」を行い真実をもとに判決を下すという流れで最終回を迎えると思っています。

これまでの集大成と言える判決を下し、本当の意味での「イチケイのカラス」になるはずです。

第1話でみちおに言われた「カラスになれ」の意味を千鶴自身が真の意味で理解する最終回になると思います。

自分の恋心に気づいて最終回

最終回で裁判官としてのあるべき姿を本当の意味で理解した千鶴は、これまで「人を裁くという事」において、みちおに様々な事を教えてもらった事に気づきます。

そして、それと同時に”みちおに対する恋心”に気づきそれをみちおに伝えるのではないでしょうか。

しかし、付き合うとかそういった類のものではなく「感謝を伝える」という意味合いの強い告白で返事が返ってくるようなものではないのかな?予想しています。

なので、筆者が予想するイチケイのカラスの最終回は「千鶴は自分の恋心に素直になり告白はするが成就しない」です。

後2話どうなっていくか楽しみですね!

イチケイのカラス第9話見逃し配信

ドラマイチケイのカラスはFODプレミアムで見逃し配信を行っています!

ドラマ放送後すぐにその日の、見逃し配信を確認可能で、2週間の無料トライアルもありますので、気になる方は是非確認ください。

※下のボタンから「イチケイのカラス」をFODプレミアムで無料視聴する方法を確認できます!

2週間の無料トライアル期間もあります!

Amazonプライムデー開催