彼女はキレイだった

火9ドラマ「彼女はキレイだった」第8話名言10選。第8話の名言を紹介します。

火9ドラマ「彼女はキレイだった」第8話名言10選。第8話の名言を紹介します。

 

2021年7月クールフジテレビ系列「彼女はキレイだった」第8話の名言を紹介します。

第8話も波乱の展開が待ち受けています。

それでは早速、「彼女はキレイだった」第8話の放送から名言10選をみていきましょう。

 

*彼女はキレイだった見逃し配信は以下からどうぞ↓

まずは無料でお試し!【FODプレミアム】

「彼女はキレイだった」第7話名言

彼女はキレイだった第8話名言10選

それでは、第8話の名言・名セリフを紹介していきます。

①あの日、愛がどんな姿で現れるかなんて関係なかった

「あの日、愛がどんな姿で現れるかなんて関係なかった」

【彼女はキレイだった第8話】長谷部宗介

待ち合わせ場所へ行ったけれど宗介に会う勇気がなかったと正直に話す愛。

仕事もしていなかったし変わってしまった自分を知られたくなかったと話します。

宗介はそんなの関係なかった、つらい思いをさせてごめんと言います。

ただ会いたかったという宗介の気持ちがよく分かるセリフです。

②君と同じ気持ちだと思ってたのは僕だけ?

「君と同じ気持ちだと思ってたのは僕だけ?」

【彼女はキレイだった第8話】長谷部宗介

やっと愛と想いが通じ合ったと喜ぶ宗介でしたが、愛からよそよそしい態度をとられてしまいます。

愛も宗介の想いに応えたいのですが、梨沙の気持ちを考えると躊躇してしまいます。

③悩んで葛藤して、ずっと苦しんできたのは副編集長です

「悩んで葛藤して、ずっと苦しんできたのは副編集長です」

【彼女はキレイだった第8話】佐藤愛

岡島は宗介にとって私たちの存在なんてどうだっていいだろうしモストがなくなっても痛くもかゆくもないだろうと言います。

愛は宗介が廃刊の件を黙っていたのは部員たちを混乱させないためだったことを知っています。

モストを守ろうとひとりで奮闘していた宗介の想いを知ってほしくて必死にフォローします。

④あなたにがっかりしたくないだけです

「あなたにがっかりしたくないだけです」

【彼女はキレイだった第8話】樋口拓也

しばらく有休をとっていた樋口が残業する宗介の前に姿を現します。

廃刊の危機にあるモストをひとりで立て直さなければいけないという宗介に「馬鹿なんですか?」と言う樋口。

モストのことも愛のことも中途半端なことをするのは許さないという樋口の強い意志を感じます。

⑤みんなが知りたいのは、あなたの心に隠してる正直な気持ちだと思うから

「みんなが知りたいのは、あなたの心に隠してる正直な気持ちだと思うから」

【彼女はキレイだった第8話】佐藤愛

みんなの気持ちを想像できていなかったと自分を責める宗介に、愛はみんなのことを考えてやったことだと言います。

いつもワンマンで部員たちから誤解されている宗介ですが、愛は正直な気持ちを話せばきっとみんな理解してくれると励まします。

愛のアドバイスは宗介の胸にしっかり届いたようです。 

⑥愛にとって大切だと思う人の手は絶対に離しちゃダメだ

「愛にとって大切だと思う人の手は絶対に離しちゃダメだ」

【彼女はキレイだった第8話】長谷部宗介

宗介は愛には自分を避けなければいけない理由があるように見えると言います。

そして愛の手をとって目を見つめながら優しく語り掛けます。

愛のことを本当に大事に思っているのが伝わります。

⑦たったひとつのことだけで全部ダメになっちゃうの?

「たったひとつのことだけで全部ダメになっちゃうの?」

【彼女はキレイだった第8話】佐藤愛

内緒で宗介に会っていたことがバレてしまい、関係がギクシャクしてしまった愛と梨沙。

裏切った自分に仲直りする資格がないという梨沙に、怒っているのは梨沙が仲直りしなくてもいいと思っていることだと感情をぶつける愛。

これまで楽しい時間を共有してきたのに今回のことだけで全部ダメになるのかと訴えます。

⑧つらい時に愛につらいって言えないことがつらかった

「つらい時に愛につらいって言えないことがつらかった」

【彼女はキレイだった第8話】桐山梨沙

梨沙は後ろめたさを感じながらもどんどん宗介を好きになってしまい、ダメだと分かっているのに諦めることができなくてつらかったと話します。

でもそれ以上につらかったのは愛と喧嘩した事だと言います。

「つらい」を連発した梨沙に愛は「何回つらいって言うの」と言います。

正直な気持ちをぶつけあった2人の絆はこれまで以上に深まったようです。

⑨モストジャパンを守るために一緒に戦ってくれませんか

「モストジャパンを守るために一緒に戦ってくれませんか」

【彼女はキレイだった第8話】長谷部宗介

宗介は廃刊の危機にあることを黙っていたことを部員たちに謝罪します。

皆さんの能力があれば廃刊は免れると確信していたからこそ心配させないように黙っていたと釈明します。

そして自分ひとりの力ではモストは確実に廃刊になってしまうから一緒に戦ってくれませんかと真摯に頭を下げます。

宗介の想いは部員たちに届き、また一致団結して頑張ることになります。

⑩昔も今も宗介のことが好き!

「昔も今も宗介のことが好き!」

【彼女はキレイだった第8話】佐藤愛

包み隠さず本心を話した宗介を見て愛も正直な気持ちを話すことにします。

愛は宗介の手を握り、「宗介が好き!」「昔も今も宗介のことが好き!」と笑顔で言います。

愛に告白されて宗介も本当にうれしそうです。

 

「彼女はキレイだった」第8話の名言10選は以上です。

今後の展開も見逃せませんね。

彼女はキレイだった名言10選まとめ

彼女はキレイだった第8話無料視聴方法

彼女はキレイだった第8話は【FODプレミアム】で「見逃し配信中」です!

ドラマ放送後すぐに見逃し配信が始まりますので、見逃した方やもう一度見たい方はぜひ確認してみてください。

下のボタンから【FODプレミアム】で「彼女はキレイだった」を2週間のトライアル期間を使えば無料視聴できます!

FODプレミアムの特徴はフジテレビ系の作品数が豊富な事!
・フジテレビ系の見放題作品数が豊富
・毎月最大1,300円分のポイント還元
・電子書籍購入で20%還元
・130誌以上の雑誌も読み放題
・FODでしか見れないオリジナル作品多数
月額料金 976円(税込)
見放題作品 50,000本以上
無料トライアル期間 14日間(2週間)
ダウンロード再生 不可

 

 

Amazonプライムデー開催