アバランチ名言

月10ドラマ「アバランチ」第3話名言。第3話の名言10選を紹介します。

月10ドラマ「アバランチ」第3話名言。第3話の名言10選を紹介します。

「アバランチ」は謎に包まれた集団・アバランチの過激かつ痛快な活躍を描いた劇場型エンターテイメントです。

アバランチ第3話名言10選を紹介させていただきます。

*アバランチ見逃し配信は以下からどうぞ↓

まずは無料でお試し!【FODプレミアム】

アバランチ第3話名言10選

それでは、第3話の名言・名セリフを紹介していきます。

①だからこそ知りたいんです、みなさんが何と戦っているのか

「だからこそ知りたいんです、みなさんが何と戦っているのか」

【アバランチ第3話】西城英輔

西城はアバランチのメンバーをすごいと思い始めていると言い、だからこそ目的が知りたいと話します。

山守は西城に口外しないよう約束させたうえで3年前に大事な人を亡くした事件について語り始めます。

みんなを笑顔にできるようなタレントになりたいです

「みんなを笑顔にできるようなタレントになりたいです」

【アバランチ第3話】明石リナ

蘭子が所有する芸能事務所の面接を受けたリナのセリフです。

芸能事務所の安住社長はリナの発言を鼻で笑い、「タレントって言葉の意味知ってる?」と言います。

そして才能がないのに中途半端に業界に入ってくる人間が嫌いだと話します。

③大丈夫だ、絶対悪は滅びる

「大丈夫だ、絶対悪は滅びる」

【アバランチ第3話】羽生誠一

面接を終え暗い表情で車に乗り込んだリナに羽生が言ったセリフです。

リナの親友・花音は芸能事務所に所属しタレントを目指していましたが、安住社長によってVIP御用達の高級会員制サロン・悠源館にホステスとして送り込まれてしまいました。

その挙げ句、女好きで有名な田淵議員に薬漬けにされ自暴自棄になった花音は死を選んでしまいました。

リナは今回の捜査に並々ならぬ決意を持って挑むようです。

④君か?アバランチを考えたのは

「君か?アバランチを考えたのは」

【アバランチ第3話】大山健吾

警視庁特別犯罪対策企画室で勤務する山守を訪ねた内閣官房副長官の大山が言ったセリフです。

その発言に対して山守は「何をおっしゃるんですか?」と言いますが、大山は何らかの敵意や恨みのある人間に狙われていると話します。

意見を求められた山守はもう内調の人間ではないから分からないと誤魔化し、大山は何か分かったら教えてくださいと言って去って行きます。

⑤才能がない子はどんなことでもする覚悟がないといけないの

「才能がない子はどんなことでもする覚悟がないといけないの」

【アバランチ第3話】安住美沙

芸能事務所の面接に合格したリナは喜んだフリをしてみせます。

ただし安住社長は条件があると言い、リナを高級会員制サロン・悠源館のホステスとして働かせることにします。

悠源館に送り込まれた女の子たちはみんな破滅の道を辿ることになりましたが、安住社長はいつものように利用するつもりでいるようです。

⑥君、いいね

「君、いいね」

【アバランチ第3話】田淵議員

花音を薬漬けにした張本人である田淵議員に接触したリナは「先生の接客も担当させてください」と笑顔で話しかけます。

美人のリナを気に入った田淵議員は、突然リナの髪の匂いを嗅ぎ始めるという変態ぶりを見せます。

安住社長は田淵議員から指名が入ったとリナに伝え、「飲み過ぎないで」とクスリを手渡します。

⑦偽物に決まってるでしょ

「偽物に決まってるでしょ」

【アバランチ第3話】明石リナ

リナが滞在するホテルの部屋を訪ねた田淵議員。

早速クスリを飲むよう指示した田淵議員は「早く飲んで!」と声を荒げ、リナはクスリを一気に飲み干します。

気を失い痙攣するリナを見た田淵議員は慌てて蘭子に電話します。

蘭子と安住社長が部屋を訪れ相談を始める3人。

リナの脈を計った蘭子は彼女が芝居を打ったと気付き、部屋を出て行きます。

その直後、何もなかったように立ち上がったリナに田淵議員と安住社長は驚きを隠せません。

リナが飲んだ偽物のクスリは打本から渡されたものでした。

彼らの犯行を裏付ける十分な証拠はとれましたがリナの怒りは到底収まらず、田淵議員と安住社長が気を失うまで殴り続けます。

⑧よく頑張ったな

「よく頑張ったな」

【アバランチ第3話】羽生誠一

任務を終えたリナを迎えに来た羽生。

1人で戦ったリナに労いの言葉を掛けます。

感情が溢れ出し号泣するリナを羽生は優しくハグします。

⑨東大出身の元議員秘書で冴えないジャーナリストです

「東大出身の元議員秘書で冴えないジャーナリストです」

【アバランチ第3話】羽生誠一

羽生は蘭子が乗り込んだ車を制止し、後部座席の窓を軽くノックします。

蘭子から「あなた誰?」と聞かれた羽生が自己紹介として告げたセリフです。

「肩書き多いのね」と言う蘭子に羽生は「肩書きの多さでは蘭子さんに負けますよ」と笑顔で返答します。

⑩警察内部にアバランチがいるということか

「警察内部にアバランチがいるということか」

【アバランチ】大山健吾

内閣情報調査室の桐島は六車と黒田の事件で警察の内部情報が利用された可能性があると大山に報告します。

大山は自分に恨みを持っている可能性がある人間を洗い出すよう指示します。

桐島から渡された名簿に目を通す大山。

その中には多くのアバランチメンバーの名前が記されていました。

山守の名前を見つけた大山は一瞬考え込むような表情を見せます。

 

「アバランチ」第3話名言10選は以上です。

次週の放送もお楽しみに!

「アバランチ」名言まとめ

アバランチ第3話無料視聴方法

アバランチ第3話は【FODプレミアム】で「見逃し配信中」です!

ドラマ放送後すぐに見逃し配信が始まりますので、見逃した方やもう一度見たい方はぜひ確認してみてください。

下のボタンから【FODプレミアム】で「アバランチ」を2週間のトライアル期間を使えば無料視聴できます!

FODプレミアムの特徴はフジテレビ系の作品数が豊富な事!
・フジテレビ系の見放題作品数が豊富
・毎月最大1,300円分のポイント還元
・電子書籍購入で20%還元
・130誌以上の雑誌も読み放題
・FODでしか見れないオリジナル作品多数
月額料金 976円(税込)
見放題作品 50,000本以上
無料トライアル期間 14日間(2週間)
ダウンロード再生 不可
Amazonプライムデー開催