アバランチ名言

月10ドラマ「アバランチ」第8話名言。第8話の名言10選を紹介します。

月10ドラマ「アバランチ」第8話名言。第8話の名言10選を紹介します。

「アバランチ」は謎に包まれた集団・アバランチの過激かつ痛快な活躍を描いた劇場型エンターテイメントです。

「アバランチ」第8話名言10選を紹介させていただきます。

*アバランチ見逃し配信は以下からどうぞ↓

まずは無料でお試し!【FODプレミアム】

「アバランチ」第7話名言

アバランチ第8話名言10選

それでは、第8話の名言・名セリフを紹介していきます。

①まわりにいる奴は全員敵だと思え

「まわりにいる奴は全員敵だと思え」

【アバランチ第8話】羽生誠一

アバランチメンバーは各自GPSを装着して、イベント会場の商業施設へ向かいます。

テロを阻止することよりメンバー全員が無事であることが最優先という山守の指示通り、お互いの安全に気を配りながら任務に当たることに。

羽生はメンバーそれぞれに役割を与え、「気を抜くなよ」と忠告します。

アバランチは正義を語るただのテロリストだよ

「アバランチは正義を語るただのテロリストだよ」

【アバランチ第8話】大山健吾

アバランチがやっていることは暴力による監禁・強要・脅迫だと言う大山。

アバランチメンバーについても把握していると山守に告げます。

正義を気取っているがそれで救われている人はほとんどいないと話し、アバランチメンバーの身柄の引き渡しを条件に爆破テロを中止することを提案します。

③平気で人を犠牲にできる人間が国家を守れるわけがありません

「平気で人を犠牲にできる人間が国家を守れるわけがありません」

【アバランチ第8話】山守美智代

大山は相変わらず余裕綽々な態度をみせ、復讐からは何も生まれないと自身を正当化します。

そんな大山に対して山守は「人の命をなんだと思っているんですか!?」と激怒。

目的を達成するためなら人命を軽視する大山を激しく非難します。

④君たちと私では立っている土俵が違うんだよ

「君たちと私では立っている土俵が違うんだよ」

【アバランチ第8話】大山健吾

反論する山守を軽くあしらう大山。

美しい理想論がまかり通るほど日本は平和な国になったのだと笑います。

山守はアバランチメンバーを引き渡せば爆破テロを中止するという大山の発言が到底信じられません。

⑤いつか俺があなたがやってきたことに対して正当な罪を償わせてやる

「いつか俺があなたがやってきたことに対して正当な罪を償わせてやる」

【アバランチ第8話】羽生誠一

山守と大山が話しているところに颯爽と登場する羽生。

死んでいった仲間のためにも復讐すると宣言します。

大山は「君も仲間にならないか?」「日本の未来のために手を組もうじゃないか」と持ち掛けます。

羽生と2人の会話を聞いていたアバランチメンバーは失笑します。

⑥雪崩、起きるって信じてるからな!

「雪崩、起きるって信じてるからな!」

【アバランチ第8話】打本鉄治

爆弾の解除が難しいと判断した打本。

爆破まで2分を切り、自分ひとりが犠牲になる決意を固めます。

アバランチメンバーは打本を止めようとしますが、既に覚悟は決まっています。

「いい仲間に出会えてよかった」と言い残しひとり屋上に向かった打本は爆破テロの犠牲となりました。

⑦今は逃げ切ることだけを考えろ

「今は逃げ切ることだけを考えろ」

【アバランチ第8話】羽生誠一

爆破が起きた屋上を見上げ、唖然とするアバランチメンバー。

羽生は打本を追いかけて階段を駆け上がりますが間に合わず絶望します。

屋上へ向かおうとする西城を制し、気持ちは分かるけれど早く逃げるよう忠告します。

⑧何があっても生きててくれよ

「何があっても生きててくれよ」

【アバランチ第8話】桐島雄司

アバランチメンバーの逃走を手助けする桐島。

羽生は「仲間を守るのがあんたの仕事だろ」と桐島を責めますが、大山が予想外の動きをした、自分のことも感づかれたかもしれないと謝罪します。

全国指名手配されることになる羽生を手配した車に乗せた桐島はピンチの時は直感を信じて行動するよう助言します。

「何があっても生きてくれ」という桐島に羽生は「あんたもな」と言い、お互いの健闘を祈りながら2人は別れました。

⑨私は君の敷いたレールの上をずっと走らされていたわけだ

「私は君の敷いたレールの上をずっと走らされていたわけだ」

【アバランチ第8話】大山健吾

桐島が逃走車の手配をしていた証拠の写真を提示した大山。

7人目のアバランチメンバーが桐島であることに気付いていると遠回しに発言します。

「これからもよろしくお願いしますよ」と笑みを浮かべる大山に対して様々な感情がこみあげた桐島は涙を流し震えます。

⑩今日から君たちには新しい人生を生きてほしい

「今日から君たちには新しい人生を生きてほしい」

【アバランチ第8話】大山健吾

警視庁特別犯罪対策企画室で西城と話す山守。

そこへ大山が現れ、山守を別室に連れて行きます。

そこで山守は桐島がアバランチメンバーであることが大山にバレたことを知ります。

そして大山は「3年前から続いていた日々も終わりだ」と告げます。

大山に「入りなさい」と言われ入室したのは死んだと思われていた山守の婚約者・藤田でした。

藤田が生きていたと知った山守は驚きを隠せません。

 

「アバランチ」第8話名言10選は以上です。

次週の放送もお楽しみに!

「アバランチ」名言まとめ

アバランチ第8話無料視聴方法

アバランチ第8話は【FODプレミアム】で「見逃し配信中」です!

ドラマ放送後すぐに見逃し配信が始まりますので、見逃した方やもう一度見たい方はぜひ確認してみてください。

下のボタンから【FODプレミアム】で「アバランチ」を2週間のトライアル期間を使えば無料視聴できます!

FODプレミアムの特徴はフジテレビ系の作品数が豊富な事!
・フジテレビ系の見放題作品数が豊富
・毎月最大1,300円分のポイント還元
・電子書籍購入で20%還元
・130誌以上の雑誌も読み放題
・FODでしか見れないオリジナル作品多数
月額料金 976円(税込)
見放題作品 50,000本以上
無料トライアル期間 14日間(2週間)
ダウンロード再生 不可

 

Amazonプライムデー開催